美容外科の看護師について

未分類 0 Comments

美容外科の看護師と聞いて、みなさん何を思い浮かべるでしょうか?美容外科の看護師という職業に無縁の方は、給料が高い、仕事が楽そうなど、どちらかと言えば、働いている方にメリットが多いという印象だと思います。少し話は変わりますが、そもそも美容外科の看護師とは一般病院で働いている看護師と同様に、国家資格である看護師免許が必要なのでしょうか?結論から言うと、美容外科の看護師でも看護師免許は必要です。それでは看護師免許はどのような流れで取得できるのでしょうか?

看護師免許を取得したいからといって、すぐに取得ができるわけではありません。最低3年間の勉強が必要で、看護系の専門学校または短大であれば3年間、看護系の大学では4年間、看護師にとって必要な知識や技術を学び、ようやく試験を受験することができます。その試験に合格して、晴れて看護師免許の取得となります。ちなみに一般的に専門学校や短大を卒業した看護師は、看護の技術を中心に勉強する為、就職後には即戦力になると言われていて、大学を卒業した看護師は技術が中心ではなく、知識や理論を中心とした勉強となる為、就職後に少し力の差が出ると一般的には言われています。ただ、どちらにしても約1年間は看護実習を修了しなくてはなりませんので、大学を卒業した看護師でもそれなりの実習経験を経て、看護師となることが必須とされています。

それでは、専門学校や大学を卒業した看護師や、転職して美容外科の看護師に就職する人が多い美容外科の世界ですが、美容外科の看護師とは一体どのような仕事内容で、気になる給与面やその他待遇については実際どうなっているのでしょうか?当サイトでは、これから美容外科の看護師に就職したいと思っている方の参考になれば幸いです。