未分類 0 Comments

美容外科の看護師は、一般病院に勤める看護師より、給与が良くて、拘束時間も短く、プライベートも充実していそうなイメージがありますが、美容外科看護師のメリットとデメリットはどういったところにあるのでしょうか。

まず、メリットですが、やはり給与水準が高く、拘束時間が一般の看護師より短い所にあると言えるでしょう。中途採用者の多くは、一般の看護師で働いている際の拘束時間が長過ぎて、体力的に辛い所や、その拘束時間に見合った給与体系ではないので、満足できずに辞めてしまう方が多いです。仕事とプライベートを両立させたい方や給与水準を上げたいということであれば、美容外科の看護師は転職先としては非常にメリットが多い仕事と言えます。

逆にデメリットですが、美容外科というだけに、当然のことながら常に美容に気を遣っていなくてはいけませんので、美容にあまり関心がない人では、長く勤めるのは大変と言えるでしょう。また、元々は人を看護したいという思いで看護師という資格を取った方が多いと思いますので、一度美容業界に入ってしまうと、病院とは異なった仕事が多いので、病院に戻りたいと思ったときに戻るのは中々難しいです。従って、待遇や給与面などだけで、美容外科の看護師という仕事を決めてしまうのは、いかがなものかと思いますので、新卒でも転職でも、本当に自分がやりたい仕事は美容外科の看護師なのか、という点を必ず自問自答して、納得した上で、自分に最も適している仕事を選ぶようにして下さい。

未分類 0 Comments

美容外科の看護師という仕事だけでなく、仕事選びとして最も気になるところが給与面ではないでしょうか。一般的に大学を卒業して、一般企業に勤めている方の多くの初任給は20万円前後です。看護師もこれと同じく20万円前後と言えるでしょう。それでは、美容外科の看護師は新卒で一般的にどの程度もらえるのでしょうか。美容外科の看護師は新卒でも25万円~30万円前後もらえるのが一般的です。国家資格があるとはいえ、一般病院の看護師と比べても5万円以上の差があるので、給与面はかなり優遇されていると言えるでしょう。

ボーナス面を見ても、夏と冬を合わせて4か月~5か月程度支給される所も多く、福利厚生面をとっても、一般的な産休や育休など女性が気になる部分もクリアしていると言えます。ただし、小さなクリニックではまだまだ福利厚生面などの細かい部分が整っていなかったりする場合もあるので、その点はご自身でしっかりと調べた上でお仕事を探される方が良いでしょう。

また、この給与面は新卒だけでなく、中途採用の場合でも同じことが言えます。理由はさまざまあると思いますが、美容外科の看護師は一般病院の看護師として働いている方が転職して入るケースが多いので、給与面はどうしても比較対象となります。美容外科の看護師が未経験で入ったとしても、給与の一般相場は25万円~35万円程度になりますので、転職先としても美容外科の看護師は一般病院の看護師よりも魅力的な転職先と言えるでしょう。

未分類 0 Comments

美容外科の看護師という仕事ですが、実際のところ、日々どのような仕事をしているのでしょうか。そもそも一般病院で働いている看護師の一般的な仕事内容は、医師が担当している患者さんの総合的補助や、患者のアフターケア、血圧測定や採血、食事やお風呂などのお世話など、挙げればきりがないほど仕事内容は多岐に亘ります。それに比べて、美容外科の看護師はと言うと、主な仕事は患者さんが来店したときに対応する受付係や、電話対応、脱毛など機械を使用する際の照射や注射などが一般的な仕事内容です。小さなクリニックでは、その他に洗濯など細かい部分での仕事はありますが、一般病院と比べると仕事内容は圧倒的に少ないと言えるでしょう。

また、一般病院では、病気やけがなどで来院する方がほとんどですが、美容外科の世界ではそういった方はほぼ来ません。脱毛やお肌の悩みがあってくる方がほとんどですので、そういった意味では、看護師でありながら看護をするということは少ないのが現状です。分かりやすく言えば、ネイルやエステに来店した方と同じような感覚で接客をするというイメージである為、人と接するのが苦手という方はそもそも美容外科の看護師は向いていないと言えるでしょう。

未分類 0 Comments

美容外科の看護師と聞いて、みなさん何を思い浮かべるでしょうか?美容外科の看護師という職業に無縁の方は、給料が高い、仕事が楽そうなど、どちらかと言えば、働いている方にメリットが多いという印象だと思います。少し話は変わりますが、そもそも美容外科の看護師とは一般病院で働いている看護師と同様に、国家資格である看護師免許が必要なのでしょうか?結論から言うと、美容外科の看護師でも看護師免許は必要です。それでは看護師免許はどのような流れで取得できるのでしょうか?

看護師免許を取得したいからといって、すぐに取得ができるわけではありません。最低3年間の勉強が必要で、看護系の専門学校または短大であれば3年間、看護系の大学では4年間、看護師にとって必要な知識や技術を学び、ようやく試験を受験することができます。その試験に合格して、晴れて看護師免許の取得となります。ちなみに一般的に専門学校や短大を卒業した看護師は、看護の技術を中心に勉強する為、就職後には即戦力になると言われていて、大学を卒業した看護師は技術が中心ではなく、知識や理論を中心とした勉強となる為、就職後に少し力の差が出ると一般的には言われています。ただ、どちらにしても約1年間は看護実習を修了しなくてはなりませんので、大学を卒業した看護師でもそれなりの実習経験を経て、看護師となることが必須とされています。

それでは、専門学校や大学を卒業した看護師や、転職して美容外科の看護師に就職する人が多い美容外科の世界ですが、美容外科の看護師とは一体どのような仕事内容で、気になる給与面やその他待遇については実際どうなっているのでしょうか?当サイトでは、これから美容外科の看護師に就職したいと思っている方の参考になれば幸いです。